月別アーカイブ: 2014年3月

Libre:046 数値を文字列として入力する

前回のコードでcell.value =10

としましたが、これで数値を入力できます。

cell.string = “10”とすると文字として入力されます。

見た目は変わりませんが、セルの書式を確認すると

文字として入力されていることが確認できます。

ただし、この値を使って掛け算(たとえば =A1*100)ができてしまうので

注意が必要ですね。

 

sub ksActiveCell

dim cell as object
cell = ThisComponent.CurrentSelection
cell.value = 10

end sub

Libre:044 新規ブックのワークシート数を設定する

新規ブックを作成するときに、

シートの数を指定します。

この操作は、一手間必要です。

新しいファイルを作成するのは、#27で示したloadComponentFromURLで

OKですが、ワークシート数を指定するメソッドはないようです。

ここは、合わせ技です。

 

Sub ksSheetsInNewComponet

‘新規ブック作成
dim objNewDoc As Object
dim aDummy as object

objNewDoc = StarDesktop.loadComponentFromURL _
(“private:factory/scalc”, “_blank”, 0, Array())

‘シートの追加
dim counter as integer

for counter = 1 to 3
ThisComponent.Sheets.insertNewByName(“test”&counter , 2)
next counter

End Sub