Libre:006 表示サイズの最大値を取得する

Libre officeでは、ウインドウとシートの区別が

ありませんので、表示サイズの最大値は画面サイズに

なります。

 

表示サイズの最大値を得るためには、003で示した

フルサイズ表示させたあと、その画面サイズを

取得することになります。

 

sub ksDisplayWindowSize

dim vFrame as Object
dim vWindow as Object
dim vRect as Object
dim intHeight as Integer
dim intWidth as Integer

vFrame = StarDesktop.getCurrentFrame()
vWindow = vFrame.getContainerWindow()
vRect = vWindow.getPosSize()
intHeight= vRect.Height
intWidth= vRect.Width

msgbox(“height” & intHeight & “: width”& intWidth)


end sub


Sub ksFullScreen

document = ThisComponent.CurrentController.Frame

dispatcher = createUnoService(“com.sun.star.frame.DispatchHelper”)

dim args1(0) as new com.sun.star.beans.PropertyValue

args1(0).Name = “FullScreen”

args1(0).Value = true

dispatcher.executeDispatch(document, “.uno:FullScreen”, “”, 0, args1())

ksDisplayWindowSize

End Sub

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA